クリノンは安全にプロゲステロンを補充し不妊治療に効果を発揮するジェル|つるかめ薬局通販

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

クリノン(プロゲステロン膣ジェル)

商品コード
957
メーカー
Merck Serono SPA
効果効能
不妊治療
有効成分
プロゲステロン 8%

料金

クリノン(プロゲステロン膣ジェル)

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
8% × 15アプリケーター

13,000円

9,980円

299pt カゴに入れる
8% × 30アプリケーター

26,000円

18,000円

540pt カゴに入れる

商品詳細

クリノン(プロゲステロン膣ジェル)はMerck Serono SPA社が開発している不妊症の原因であるプロゲステロン不足を改善する効果があり、米国食品医薬品局認可製品で口コミでも後氷期アです。

クリノンの主成分であるプロゲステロンは妊娠ホルモンと呼ばれており、プロゲステロンが不足すると妊娠しずらくなります。プロゲステロンの役割は2種類あり受精卵の着床に備え子宮内膜を肥厚化する事と妊娠期間を維持する事です。

クリノン膣用ジェルは膣内に挿入する使い方をするので簡単に使用できます。また、臨床結果では筋肉注射や膣座薬・カプセル錠剤挿入によるプロゲステロン投与よりもクリノンの使用率の方が使用率が高いとされています。

クリノンはプロゲステロンを安全に効果的に補給する事が出来るので口コミや2chでも話題です。
つるかめ薬局では不妊治療に効果を発揮するプロゲステロンを安全に補給できるクリノン(プロゲステロン酸ジェル)を安く購入出来るよう取り扱っております。

使用方法

クリノン(プロゲステロン酸ジェル)の使い方は排卵後約3日目もしくは整理後17日目前後から1日1回使用します。

子宮が適切なプロゲステロンレベルを維持しているのか確かめる為に妊娠結果が出るまで継続使用する事が大切です。

妊娠検査が陽性の場合は1日1回、陽性発覚後10~12週は使用を継続してください。
陰性の場合は次回製リサイクルまで使用をお辞め下さい。

副作用

クリノン(プロゲステロン酸ジェル)の副作用は乳房肥大・便秘・眠気・頭痛や吐き気が報告されています。
※重度の症状や異常を感じた時は服用を辞め、医師にご相談ください。

併用禁止薬

血管閉塞・肝臓障害・胸部や生殖器の癌などの場合は使用しないでください。
クリノン(プロゲステロン酸ジェル)は流産を防ぐ機能という証拠はありません。
※ビタミンCの過剰摂取は副作用を強く起こす原因になり、血栓症の原因になるので使用中のビタミンCの過剰摂取は辞めください。

保管方法

お子様の手が届かない場所で保管してください。
高温多湿の場所を避け直射日光が当たらない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。