プロゲスタン錠は膣錠剤でも使用可能|効果や副作用はつるかめ薬局通販

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

プロゲスタン

商品コード
951
メーカー
プロゲステロン 100mg・200㎎
効果効能
PMS(月経前症候群)、産後うつ病
有効成分

料金

プロゲスタン

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
100㎎ × 30錠

2,500円

2,250円

67pt カゴに入れる
100㎎ × 60錠

5,000円

4,000円

120pt カゴに入れる

プロゲスタン

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
200㎎ × 30錠

4,000円

3,600円

108pt カゴに入れる
200㎎ × 60錠

8,000円

6,400円

192pt カゴに入れる

商品詳細

プロゲスタンは有効成分にプロゲステロンを配合しており、PMS(月経前症候群)や産後うつ病に効果があるお薬でKocak FARMA ilac ve Kimya Sanayi A.S.社が製造しております。国内においてプロゲステロン製剤は膣錠としてARTにおける黄体補充での適応があります。プロゲスタンは内服薬ですが、膣錠としても利用可能なので口コミで人気です。

プロゲスタンの有効成分であるプロゲステロンはエストロゲンと共に排卵抑制に関係する神経内分泌へ作用し子宮内膜の受精卵装着床準備にとても大切な役割がある黄体ホルモンです。プロゲステロンは卵巣の黄体から分泌され子宮内膜を充実維持させ、受精卵の着床を促す効果だけではなく、妊娠中は妊娠を維持するホルモンで子宮筋の緊張を緩める効果作用があります。

プロゲスタンの服用方法は内服薬と膣錠とで違います。
内服薬として服用する場合は月経周期の15日~26日において就寝時200㎎です。
膣錠の場合は1回100㎎を1日2回もしくは3回、排卵日から最長10週間膣内に投与してください。
プロゲスタンの気になる副作用は乳房の腫れや痛み・体重増などが報告されています。

つるかめ薬局ではメーカー正規品のプロゲスタンを取り扱っており口コミでも評判です。内服薬・膣錠としてどちらでも使用可能なプロゲスタンの購入はつるかめ薬局がお得です。

使用方法

プロゲスタンの使用方法は内服薬と膣錠とでは異なります。
◆内服薬
月経周期の15日目から26日目において1日200㎎を就寝時にお飲みください。

◇膣錠
排卵日から最長10週間、1回100㎎を1日2回から3回投与してください。

副作用

プロゲスタンの副作用は乳房の腫れや痛み・むくみや体重増・吐き気や食欲不振などが報告されています。
※重度の症状や異常を感じた時は服用を辞め医師に相談してください。

併用禁止薬

妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は医師にご相談してください。

保管方法

高温多湿の場所を避け直射日光が当たらない場所で保管してください。
お子様の手が届かない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。