コルヒチンは、痛風予防、痛風発作、痛風に効果があるお薬です。つるかめ薬局でのご購入をご検討ください!

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

コルヒチン

商品コード
903
メーカー
Surepharm Services Ltd Made in UK
効果効能
痛風治療薬・痛風発作
有効成分
コルヒチン0.5mg(Colchicine 0.5mg)

料金

コルヒチン

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
0.5mg × 100錠

3,500円

3,000円

90pt カゴに入れる
0.5mg × 200錠

7,000円

5,500円

165pt カゴに入れる

商品詳細

コルヒチンは、痛風の発作を抑えるお薬です。
痛風の発作が起こると、風が吹いただけでも痛いといわれるほどの激痛を伴います。痛風は、足の付け根などの関節で発症しやすい疾患です。
そこで、痛風の発作を予防するために使用されるお薬としてコルヒチンがあります。コルヒチンは、白血球の作用を抑えることにより、痛風を防止します。
人体には、プリン体という、生きていく上で欠かせないものがあり、そのプリン体は、遺伝子にも含まれますし、エネルギーの源でもあります。
プリン体が代謝されると最終的には尿酸という物質になります。尿酸とは、不要になったDNAなどが分解されたときに生成される老廃物です。血液には、一定量の尿酸が含まれます。この尿酸の値が高いと、高尿酸血症と診断されます。血中尿酸値が何らかの理由により著しく上昇すると、本来、人体が持つ恒常化機能を超えてしまい飽和解消できず、特に体温の低い足部などにおいて、尿酸が溶解しきれずに尿酸塩として結晶化して関節包内などに付着します。衝撃を受けたり、急激に尿酸値が低下したりするなど、何らかの刺激によって尿酸結晶が剥がれ落ちてしまうことがあります。
この時の尿酸結晶を白血球の一種である好中球が取り込むと、炎症を引き起こす物質が放出されるようになります。これによって、激痛を伴う痛風発作が起こります。
高尿酸血症であれば、必ず痛風が起こるとは限りません。高尿酸血症が続くことで関節に尿酸結晶がたまり、痛風発作が起こるための下地が完成されていきます。ある時をきっかけとして、尿酸結晶が剥がれ落ちると、痛風を発症してしまいます。
初めての痛風発作(急性関節炎)は、尿酸の結晶ができやすい足の親指に多発するといわれています。夜間に突然発症することが多く、激しい痛みと腫れが2~3日続きます。
痛風発作が起きた時は、好中球(白血球)が集まってくる過程を抑制できれば、それ以上痛風発作が悪化することはなくなります。
このような考えにより、白血球の一種である好中球が痛風発作の発生部位に集積する反応を阻害する薬がコルヒチンです。実際に、痛風発作が起こった時、コルヒチンを服用することで痛風の症状を軽減させることができます。

使用方法

通常、成人は、コルヒチンとして1日3mg~4mgを6~8回に分けて経口投与します。年齢や症状によって適宜増減させます。
発症予防には、通常、成人は、コルヒチンとして1日0.5mg~1mg、発作予感時には、1回0.5mgを口径投与します。

副作用

悪心、吐き気、腹痛、下痢などの胃腸障害
異常を感じたときは、医師等の専門家に相談してください。

併用禁止薬

他のお薬と相互作用を起こしやすい性質があります。飲み合わせによっては、この薬の血中濃度が上昇し、副作用が出やすくなります。服用中のお薬は、必ず医師や薬剤師等の専門家にご相談してください。
コルヒチンの成分に対し過敏症の既往歴のある方
妊娠または妊娠している可能性のある方

保管方法

高温多湿をさけ、涼しい場所で保管してください。
お子様の手の届かない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。