アスピリン(Ecopirin)は、解熱鎮痛効果のある常備薬としても大好評。ご購入は、つるかめ薬局で!

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

アスピリン(Ecopirin)

商品コード
867
メーカー
Abdi Ibrahim ilac San.ve Tic.A.S
効果効能
鎮痛剤(解熱/消熱/腰痛)
有効成分
アスピリン

料金

アスピリン(Ecopirin)

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
300mg × 30錠

1,650円

1,490円

44pt カゴに入れる

商品詳細

アスピリンは、炎症、発熱作用を持つ「プロスタグランジン」という物質が体内で作られるのを抑制する働きがあります。このプロスタグランジンとは、人が生きていくうえでとても大切な物質で、身体の様々な機能を調節する潤滑油のようなものです。この物質は、体の各部位の痛みを検知して知らせる働きをします。アスピリンは、この物質の働きを抑えて、痛み・発熱を知らせないようにしてくるお薬です。そのような作用から、さまざまな痛み(腰痛・歯痛・神経痛)や熱を和らげる効果があります。また、アスピリンの鎮痛効果は、中枢神経を抑制して、末端神経の痛みに働きかけるもので、温熱中枢にも働きかけ、血行を促進し発汗させることにより解熱効果もあり、炎症を抑える効果もあります。
アスピリンは、非ピリン系の安全で効果の高いお薬です。生理痛や慢性のリウマチ痛、リウマチ熱などで使用する方が多く常備薬として知られています。
頭痛や関節炎の痛み、打撲痛、筋肉痛、腰痛、痛風などの痛みにも効果がある汎用性の高いものです。
また、アスピリンは、歴史も古く、ヨーロッパで紀元前からアスピリンの原料である柳の樹皮が使われていて、その柳の樹皮から製品が完成したのは1897年、薬品として販売が開始されたのは1899年となります。
アスピリンは、個人輸入で海外から購入して常備薬として薬箱の中にストックしておくという人が多くいらっしゃいる解熱鎮痛薬です。

使用方法

なるべく空腹時を避けて服用してください。服用間隔は、4時間以上おいてください。
成人:1回1錠、1日の服用回数は3回を限度
15歳未満の小児:服用しないこと

副作用

食欲不振、胸やけ、悪心・嘔吐、胃痛、腹痛、胃腸障害、便秘、下痢、食道炎、口唇腫脹、吐血、胃部不快感等の症状が報告されています。このほか、重大な副作用等も報告されていますので、異常を感じた際は、直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

本剤又は他のアスピリン(アセチルサリチル酸)製剤によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、浮腫等)を起こしたことがある人
本剤又は他の解熱鎮痛薬、風邪薬を服用して喘息を起こしたことがある人
15歳未満の小児
胃・十二指腸潰瘍を起こしている人
出血傾向(手足に点状出血、紫斑ができやすい等)のある人
出産予定日12週以内の妊婦
本剤を使用している間は、他の解熱鎮痛薬、風邪薬、鎮静薬を使用しないでください。
使用時は飲酒をしないでください。
長期連用しないでください。
●次の人は、服用前に医師、歯科医師、薬剤師等の専門家にご相談ください。
医師又は歯科医師の治療を受けている人
妊婦又は妊娠していると思われる人
高齢者
本人又は家族がアレルギー体質の人
薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
心臓病、肝臓病、腎臓病の診断を受けた人
胃・十二指腸潰瘍にかかったことがある人

保管方法

直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。
子供の手の届かないところで保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。