セレブレックス(セレコックス)は、関節リウマチ、関節痛、筋肉痛の痛みを緩和させる鎮痛剤です。鎮痛効果でお悩み解消。つるかめ薬局

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

セレブレックス

商品コード
819
メーカー
Pfizer
効果効能
鎮痛薬
有効成分
Celecoxib(セレコキシブ)

料金

セレブレックス

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
100mg × 30錠

4,420円

3,870円

116pt カゴに入れる
100mg × 60錠

8,840円

7,130円

213pt カゴに入れる
100mg × 90錠

13,260円

10,390円

311pt カゴに入れる

セレブレックス

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
200mg × 100錠

16,920円

14,790円

443pt カゴに入れる

商品詳細

セレブレックス(セレコキシブ)は、COX-2(COX:シクオロキシゲナーゼ)という酵素の働きを選択的に阻害することにより、炎症に関与する物質であるプロスタグランジンなどの生成を抑制することを目的として、世界で初めてCOX-2をターゲットとしたドラッグデザインにより創製したコシブ系消炎鎮痛剤です。1999年にアメリカで発売されて以来、85か国以上で承認され、消炎鎮痛剤として世界第1位の売り上げを達成しているお薬です。日本では、2007年からセレコックスという名前で販売されています。
セレブレックスは、関節リウマチ、神経痛、腰痛、五十肩、関節、筋肉の炎症などに使用されています。炎症を抑えて、痛みや腫れを和らげるお薬です。胃への刺激や出血を起こす副作用がほかの薬より少ない、新しいタイプのお薬だといわれています。
関節の痛みは、発熱や頭痛と異なり、服用の頻度も高くなることから、長年飲み続ける可能性が高い内服薬ですので、副作用は極力抑えられたものが良いとされています。

※注意※ 本品は、日本国内では医師の処方箋が必要な要指示薬です。
記載の服用方法等は、販売国の商品説明書記載の内容を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任においてご使用ください。詳しいご相談は、医師、薬剤師などの専門家にお願いいたします。当薬局では、いかなる責任も負いかねますことをご了承ください。

使用方法

◆関節リウマチ
成人は、1回100-200mgを1日2回(朝夕食後)経口服用してください。
◆変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、首肩腕症候群、腱・腱鞘炎の場合
成人は、1回100mgを1日2回(朝夕食後)経口服用してください。
空腹時を避け、たっぷりのお水かぬるま湯で飲むようにしてください。

副作用

めまい、頭痛、不眠症、鼻炎や副鼻腔炎、気管支上部感染、腹痛、消化不良、膨満感、吐き気、背中の痛み、未梢部の浮腫、発疹など。
アルコールを飲まれる方は、胃腸障害の副作用が出る場合がありますので飲酒を控えてください。

併用禁止薬

◆以下の方は、本剤を使用しないでください。
セレコキシブまたはスルホンアミドに対し過敏症の既往歴のある方
アスピリン喘息(非ステロイド性消炎、鎮痛剤等による喘息発作の誘発)またはその既往歴のある方
重篤な肝障害のある方
重篤な腎障害のある方
重篤な心機能不全のある方
冠動脈バイパス再建術の周術期の方
18未満の方
妊娠または妊娠の可能性のある方、授乳中の方
◆以下の薬剤などとは併用しないでください。
ACE阻害剤(エナラプリスマイレン酸塩、イミダプリル塩酸塩、テモプリル塩酸塩など)
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン、ロサンタンカリウムなど)
フロミド(チアジド系利尿剤、トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジドなど)
アスピリン
リチウム
フルコナゾール
フルバスチタン
クマリン系抗凝血剤(ワルファリンなど)
パロキセチン
デキストロメエトルファン
制酸剤(アルミニウム製剤、マグネシウム製剤など)

保管方法

高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。