ブロマーゴン(ブロモクリプチン)の効果や副作用は格安通販のつるかめ薬局!

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

ブロマーゴン

商品コード
782
メーカー
Lek Pharmaceutical
効果効能
高ブロモクリプチン血症、パーキンソン病、末端肥大症
有効成分
プロモクリプチン

料金

ブロマーゴン

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
2.5mg × 30錠

2,800円

2,500円

75pt 売切れ

商品詳細

輸入規制該当商品となります。輸入規制施行までは通常通りの販売となりますが、規制に伴う注文増加により市場在庫が枯渇する可能性がございます。
ご購入を検討されているお客様におきましてはお早めにお買い求めください。


▼朝日新聞DIGITAL
https://www.asahi.com/articles/ASKCG66DZKCGULBJ016.html

ブロマーゴンは主成分ブロモクリプチンを配合していおりブロモクリプチンがホルモン分泌を抑制するので、高ブロモクリプチン血症、パーキンソン病、末端肥大症等の3つの分野で治療されているお薬でLek Pharmaceutical社が製造販売しています。

高プロラクチン血症とは妊娠していないのにプロラクチンが多く分泌している症状です。通常は妊娠、出産、授乳期間中に多く分泌されるのですが、妊娠中や授乳中でもないのに血中のプロラクチン濃度が高いと高プロラクチン血症と呼ばれます。

プロマーゴンの主成分であるプロモクリプチンは、出産後に放出されるプロラクチンと呼ばれているホルモン分泌を抑制する効果があります。出産後でもないのにホルモンが分泌されてしまう状況(高プロラクチン血症)で引き起こる症状は乳汁分泌抑制、乳汁漏出症、プロラクチン血性排卵障害、下垂体腺腫等があり、プロマーゴンは上記の症状改善に効果があると言われております。

パーキンソン病は脳内のドーパミン量が少なくなる事が原因でドーパミンの働きを補助する事が改善になると言われています。
プロマーゴンは脳内ドーパミン系の神経に作用するので、パーキンソン症候群の治療にも活用されているだけでなく、末端肥大症患者や末端肥大症患者や下垂体性巨人症にみられる成長ホルモンの過剰分泌を抑制する効果もあると言われております。

つるかめ薬局では高ブロモクリプチン血症やパーキンソン病などに効果があると口コミでも話題のプロマーゴンを業界最安値で取扱っております。

使用方法

夕食後に2.5㎎を服用してください。
1日1回の服用です。
効果をみながら1日5㎎~7.5㎎までふやし、2回から3回にわけ服用してください。
年齢や症状により服用量は異なります。医師にご相談の上服用してください。

副作用

プロマーゴンの副作用は下記の症状が報告されています。
吐き気、食欲不振、便秘など

重度の症状が出た場合は服用を辞め医師にご相談ください。
幻覚がまれに起こる場合があるので、服用後は運転や危険を伴う機会の操縦はお控え下さい。

併用禁止薬

妊娠中や授乳中の方は服用をお辞め下さい。
通院中やその他薬を服用中の方は医師にご相談ください。

保管方法

高温多湿の場所を避け直射日光が当たらない場所で保管してください。
お子様の手が届かない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    • 妊娠する為にプロラクチン対策を必要だったので購入して様子を見ていました。プロマーゴンのお陰か数値がかなりい状態まで下がって、妊娠する事が出来ました。値段も安いしありがたいです。

      評価レビューアイコン 評価レビューアイコン 評価レビューアイコン 評価レビューアイコン 評価レビューアイコン

        34歳

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。