ヤーズの副作用や飲み忘れを解説。配合錠のジェネリック避妊薬

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

ヤーズ(ヤズ)

商品コード
425
メーカー
バイエル
効果効能
月経困難症治療薬
有効成分
ドロスピレノン3mg・エチニルエストラジオール0.02mg

料金

ヤーズ(ヤズ)

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
28錠 × 1箱

3,000円

2,700円

81pt カゴに入れる
28錠 × 3箱

9,000円

7,290円

218pt カゴに入れる
28錠 × 6箱

18,000円

12,960円

388pt カゴに入れる

商品詳細

ヤーズとはヤズとも呼ばれ、薬局や産婦人科で処方されるヤーズ配合錠のジェネリック避妊薬になります。
月経困難症治療薬とも呼ばれ、月経による症状が緩和・改善されます。
低用量ピルは1999年から避妊や月経周期の調整を目的として販売されました。
現在では医療現場でも積極的に取り入れられ女性の方には身近な存在の薬となっています。

含まれている成分はドロスピレノンという黄体ホルモン。ドロスピレノンは黄体ホルモンの中でも自然体に近い働きを持ってるので浮腫み(むくみ)の症状が少ないのも特徴。
もう一つはエチニルエストラジオール。こちらは女性の卵胞ホルモンの一種で卵巣から分泌されるホルモンであり子宮内膜を増殖させて厚くさせる作用があります。
更年期障害や子宮内膜症、男性の前立腺癌などの症状を緩和にも役立ちます。
男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑える効果もあります。
バイエルのヤーズは副作用が少なく大変人気のある商品です。
市販や病院、薬局で処方されるヤーズ配合錠よりもネット通販でジェネリック品のヤーズを購入される方が非常に増えています。

ヤーズはピルの中でも新しい第4世代に属しており低用量ピルの中でも超低用量ピルで生理痛の緩和効果や月経困難症の改善に服用されています。
つるかめ薬局ではヤーズを業界最安値で取扱っております。

使用方法

1日1錠づつ24日間服用後、4日間プラセボ錠(飲み忘れ防止用のホルモン剤が含まれていない錠剤)を飲み続けます。

副作用

不正出血(生理以外の出血)、乳房の張り・痛み、吐き気などの胃腸障害などの軽い症状が報告されています。

併用禁止薬

胃腸薬と一緒に服用すると、避妊の効果が軽減する場合があります。

保管方法

高温・多湿・直射日光を避けて保管して下さい。
車中や暖房近くも気を付けましょう。
子どもの手の届く所に置かないようにして下さい。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。