プロスパス通販 | 効果 | 多汗症・わきが・体臭ケア | つるかめ薬局

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

プロスパス

商品コード
1082
メーカー
LLOYD LABORATORIES, INC. http://www.lloydlab.com
効果効能
胃・十二指腸潰瘍、胃酸過多症、幽門痙攣、胃炎、腸炎、過敏大腸症(イリタブルコロン)、膵炎、胆道ジスキネジー 夜尿症または遺尿症 多汗症
有効成分
Propantheline Bromide 15mg プロパンテリン臭化物 15mg

料金

プロスパス

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
15mg × 100錠

5,980円

4,950円

148pt カゴに入れる
15mg × 100錠

11,960円

8,910円

267pt カゴに入れる

商品詳細

LLOYD LABORATORIES社のプロスパスは、胃・十二指腸潰瘍、夜尿症、遺尿症、多汗症の治療に用いる薬です。

プロスパスの有効成分であるプロパンテリン臭化物は、抗コリン薬と呼ばれます。神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を遮断することで、さまざまな効果を示します。

アセチルコリンには消化管の働きを促進する作用があります。プロパンテリン臭化物がその作用を抑えることで、消化管の運動を抑制し、胃腸管・胆管・尿管の筋肉の収縮による痛みをやわらげたり、胃酸の分泌を減らして潰瘍や胃炎を改善します。

また、アセチルコリンには膀胱を収縮する働きがあるため、プロパンテリン臭化物がその収縮を抑えて膀胱の容積を増やします。頻尿・強い尿意・無意識に尿が出るなどの症状を改善します。

ほかにも、プロパンテリン臭化物は、汗腺を刺激して発汗を促すアセチルコリンの作用を抑えることから、多汗症の治療に用いられます。

プロスパスは、神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害する、抗コリン薬です。

使用方法

通常、成人には1回1錠(プロパンテリン臭化物として15mg)を1日3~4回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用

抗コリン作用(口が渇く、便が出にくい、尿が出にくい、尿量が少ない、残尿感、目がかすむ、光がまぶしい、見えにくい)

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

併用禁止薬

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※ただし、2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
緑内障の方、前立腺肥大による排尿障害のある方、重篤な心疾患のある方、麻痺性イレウスのある方は、本剤を服用しないでください。

保管方法

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。