レメロンはうつ病改善に効果が高く即効性があり副作用も少ない|つるかめ薬局通販

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

レメロン

商品コード
1067
メーカー
Merck Sharp Dohme ilaclari Ltd.Sti.
効果効能
抗不安作用 ・うつ病・うつ状態
有効成分
ミルタザピン 30mg

料金

レメロン

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
30mg × 28錠

7,000円

6,200円

186pt カゴに入れる
30mg × 56錠

14,000円

12,000円

360pt カゴに入れる

商品詳細

レメロンは、有効成分のミルタザピンを含有する抗うつ薬です。

レメロンは、気分が落ち込み、憂うつな気持ちを楽にして意欲を高める薬です。また、気持ちを落ち着かせ、緊張や不安をやわらげる効果もあります。寝つきを良くして夜間の睡眠を持続させたり、意識混濁に加えて幻覚や錯覚がみられるせん妄の治療にも用いられます。

脳内の神経線維の間をつなぐ化学伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニン・ドパミンなどが不足すると、うつの状態が起こると考えられています。
レメロンに含有されている有効成分のミルタザピンは、神経(特にノルアドレナリン、セロトニン)の活動を高め、伝達物質が出てくる量を増やしたり、伝達物質の1つであるセロトニンの刺激を受ける部位である5-HT1への作用を相対的に強めることにより、気持ちを楽にして意欲を高め、うつ状態を改善します。

日本初のノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤(NaSSA)であるレメロンは、ノルアドレナリン・セロトニン両方の神経伝達を促進します。早期の効果発現が認められている、1日1回服用の抗うつ薬です。

使用方法

通常、成人にはミルタザピンとして1日15mg(0.5錠)を初期用量とし、15~30mg(0.5~1錠)を1日1回就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状に応じ1日45mg(1.5錠)を超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として15mg(0.5錠)ずつ行うこと。

副作用

眠気、不眠、倦怠感、体重増加

併用禁止薬

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※ただし、2回分を一度に服用しないこと。

本剤は症状にあわせて薬の分量を加減する必要があるため、医師の指導を必ずお守りください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
緑内障で眼科にかかっている方は本剤服用前に眼科医にご相談ください。
抗パーキンソン薬を服用中の方、および服用中止後2週間以内の方は、本剤を服用しないでください。
本剤の服用中にアルコールを飲むと、薬の作用が強く出るのでお控えください。
本剤の服用中にセイヨウオトギリソウを含む食品を摂らないでください。

保管方法

高温多湿の場所をさけ、直射日光が当たらない場所に保管してください。
お子様の手が届かない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。