リンデロンジェネリック0.5mgはつるかめ薬局で販売中!

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

リンデロンジェネリック0.5mg

商品コード
1037
メーカー
Wallace Laboratories Pvt. Ltd
効果効能
抗炎症作用・抗アレルギー作用・免疫抑制作用
有効成分
ベタメタゾン

料金

リンデロンジェネリック0.5mg

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
400錠 × 1箱

3,700円

3,030円

90pt カゴに入れる

商品詳細

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用のほか、広範囲にわたる代謝作用を示します。
通常、内科・小児科、外科など各科のさまざまな病気の治療に用いられます。
ただし、病気の原因そのものを治す薬ではありません。
膠原病、ネフローゼ、関節リウマチ、重い喘息、ひどいアレルギー症状、めまい、耳鳴り などに用います。

・慢性副腎不全(アジソン病)..副腎皮質ホルモンが不足しているときに用います。補充療法です。
・免疫系の病気..膠原病、関節リウマチ、ネフローゼ、潰瘍性大腸炎など免疫系が関係している炎症性疾患を改善します。
・アレルギーや炎症性の病気..喘息や湿疹、アトピー、アレルギー性鼻炎、結膜炎、角膜炎のほか、各科領域における炎症性の病気に用います(一部は外用剤が無効な重症例にかぎる)。
・その他..メニエル病(めまい、耳鳴り)、顔面神経麻痺、重症筋無力症、いろいろな血液の病気、ある種の腫瘍、臓器移植後の拒絶反応の抑制、注射によるパルス療法の補助などに用います。

使用方法

通常、成人はベタメタゾンとして1日0.5~8mgを1~4回に分割経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

副作用

主な副作用として、満月様顔貌、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
・かぜのような症状、倦怠感、発熱 [誘発感染症、感染症の増悪]
・吐き気、のどが渇く、疲れやすい [続発性副腎皮質機能不全、糖尿病]
・吐き気、便が黒くなる、腹痛 [消化管潰瘍、消化管穿孔、膵炎]
・気分が落ち込む、やる気がおきない、筋肉の発作的な収縮 [精神変調、うつ状態、けいれん]
・腰・背中の痛み、関節の痛み、筋肉のこわばり [骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー]

併用禁止薬

抗けいれん薬のフェノバルビタールやフェニトイン、結核の薬のリファンピシンなどと併用すると、この薬の効きめが弱くなるかもしれません。そのほか、抗凝血薬のワルファリン、アスピリンなどサリチル酸誘導体、糖尿病の薬、利尿薬などと相互作用を起こす可能性があります。

保管方法

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、湿気を避けて室温(1~30℃)で保管してください。
薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

病気によっては、その症状を悪化させるおそれがあります。ただ、どうしてもこの薬でないとダメなことがあります。そのような場合、副作用に注意しながら慎重に用います。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。