パリエットジェネリックはつるかめ薬局で販売中!

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

パリエットジェネリック10mg

商品コード
1036
メーカー
Macleods Pharmaceuticals
効果効能
胃潰瘍・逆流性食道炎・胃酸過多
有効成分
ラベプラゾールナトリウム 20mg

料金

パリエットジェネリック10mg

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
100錠 × 1箱

3,500円

3,000円

90pt カゴに入れる

商品詳細

パリエットジェネリックの有効成分であるラベプラゾールは、胃酸の分泌をつよく抑えます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因の1つである、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌する際にも使用されます。

ラベプラゾールは、胃酸分泌の最終過程で働く酵素であるプロトンポンプの働きを抑えることにより、胃酸の分泌を強力に抑制し、潰瘍や炎症を改善します。また、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌する際に、胃酸の分泌を抑え、胃内のpHを上昇させる(酸を中性よりにする)ことで、併用する抗生物質や抗原虫剤の抗菌力を高めます。

パリエットは、日本をはじめイギリス、ドイツ、アメリカなど多数の国で認可されている薬剤です。


■注意事項■
本剤を服用すると、胃の痛みなどはなくなりますが、勝手に服用を中止しないでください。
服用する場合は、噛んだり、砕いたりせずにお飲みください。
抗エイズ薬を服用している方は、本剤を服用しないでください。

使用方法

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群
通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1回10mgを1日1回経口投与するが、病状により1回20mg(2錠)を1日1回経口投与することができる。
なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。

逆流性食道炎
逆流性食道炎の治療においては、通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1回10mgを1日1回経口投与するが、病状により1回20mg(2錠)を1日1回経口投与することができる。
なお、通常、8週間までの投与とする。また、プロトンポンプインヒビターによる治療で効果不十分な場合、1回10mg又は1回20mg(2錠)を1日2回、さらに8週間経口投与することができる。
ただし、1回20mg(2錠)1日2回投与は重度の粘膜傷害を有する場合に限る。

副作用

過敏症状(発疹、掻痒感)
血液障害(貧血)
消化器症状(下痢、便秘、腹部膨満感、嘔気)
肝機能障害(体がだるい、かゆみ、湿疹、白目や皮膚が黄色くなる)
神経症状(頭痛、めまい)
総コレステロール・中性脂肪・BUNの上昇、蛋白尿、血中TSH増加

ショック、アナフィラキシー、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、急性腎不全、間質性腎炎、低ナトリウム血症、横紋筋融解症などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

併用禁止薬

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の方

保管方法

高温多湿を避け直射日光が当たらない場所に保管下さい。
お子様の手が届かない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。