テネリアジェネリックはDPP-4酵素を阻害する糖尿病治療薬で、副作用の低血糖が起こりにくい安心の糖尿病治療薬!

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

テネリアジェネリック20mg

商品コード
1022
メーカー
Glenmark Pharmaceuticals Ltd
効果効能
糖尿病改善・高血糖値改善
有効成分
テネリグリプチン 20mg

料金

テネリアジェネリック20mg

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
20mg × 150錠

7,500円

6,800円

204pt カゴに入れる

商品詳細

インクレチンを分解するDPP-4酵素を阻害する糖尿病治療薬です。
上昇した血糖値に見合うだけのインスリンを分泌させるため、副作用の低血糖が起こりにくく、体重増加の傾向がありません。

ザイテンは、2型糖尿病治療薬です。有効成分のテネリグリプチンを含有しています。

ザイテンは、血糖値を下げる薬です。

食後に消化管から分泌されるホルモンにインクレチンがあります。インクレチンは、血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌を促進したり、血糖を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制したりする働きがあります。

ザイテンに含有されている有効成分のテネリグリプチンは、インクレチンを分解するDPP-4酵素の働きを阻害することにより、インクレチンの濃度を上昇させます。インスリン分泌を促し、グルカゴン分泌を抑えることで、血糖を降下させます。

■注意事項
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

肝臓、腎臓、甲状腺疾患などがある場合は、医師にご相談ください。
本剤の服用中も必ず食事療法、運動療法を守るように心掛けてください。
血糖、尿などを定期的に検査してください。
低血糖が起こることがあります。

使用方法

通常、成人にはテネリグリプチンとして20mg(1錠)を1日1回経口投与する。
なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら40mg(2錠)1日1回に増量することができる。

副作用

便秘、腹部膨満、腹部不快感、悪心、腹痛、鼓腸、口内炎、胃ポリープ、結腸ポリープ、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、下痢、食欲減退、アミラーゼ上昇、リパーゼ上昇、急性膵炎、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、蛋白尿、尿ケトン体陽性、尿潜血、湿疹、発疹、そう痒、アレルギー性皮膚炎、CK(CPK)上昇、血清カリウム上昇、けん怠感、アレルギー性鼻炎、血清尿酸上昇

低血糖症、腸閉塞、肝機能障害、間質性肺炎などの症状が現れる場合があります。

併用禁止薬

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の方
重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方

保管方法

高温多湿を避け直射日光が当たらない場所に保管下さい。
お子様の手が届かない場所で保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。