ナプロシンEC(Naprosyn)のご購入は、つるかめ薬局でどうぞ。ナプロシンEC(Naprosyn)の効果を格安・激安で実感!日本人スタッフがご購入を丁寧にサポートいたします。

メールアドレス
パスワード
カート

買物カゴ:0 合計金額:¥0

例:バイアグラ、プロペシアなど商品名からメーカー、症状、効能でも検索可能です

ナプロシンEC

商品コード
1004
メーカー
Abdi Ibrahim ilac San ve Tic A.S.
効果効能
鎮痛剤(解熱/消熱/腰痛)
有効成分
ナプロキセン

料金

ナプロシンEC

内容量 通常価格 セールス価格 ポイント 購入
250mg × 20錠

1,837円

1,470円

44pt カゴに入れる

商品詳細

ナプロシンECは、薬効成分「ナプロキセン」を含有する、非ステロイド系の痛薬、抗炎症薬です。腰痛や関節痛、頸肩腕痛、リウマチの鎮痛、痛風の治療薬として使用されています。また、生理痛の痛み止めとしても使用できます。
このナプロシンECが分類されるNSAIDsは、シクロオキシゲナーゼという酵素の作用を阻害することによって消炎・鎮痛効果を発揮します。日本でもよく聞く「ロキソニン」も、このNSAIDsの一つです。
人の体の痛みの原因には、プロスタグランジンとブラジキニンの2種類があり、両者は互いに密接に関係しています。ナプロシンECは、シクロオキシゲナーゼを阻害することによって、アラキドン酸からプロスタグランジンへの生成を抑えることができます。
また、プロスタグランジンには、発痛物質のブラジキニンの作用を増強させる働きもあるため、プロスタグランジンの生成を抑制することは、ブラジキニンによる発痛を増強させない効果も期待できます。

ナプロシンECなどの非ステロイド抗炎症薬は、副作用が少なく、効き目が他の鎮痛剤に比べて早いと言われています。即効性があるため、様々な痛みの症状を緩和してくれる人気のある商品です。
日本国内では、「ナイキサン」の商品名で、関節リウマチや腰痛症の消炎・鎮痛・解熱、歯科口腔領域における抜歯後の消炎・鎮痛などにも用いられています。

使用方法

通常、成人1日あたり300mg~600mg(1.2錠から2.4錠)を2~3回に分けて服用。
なるべく空腹時を避け、多めの水で服用してください。

副作用

胃腸障害(胃が痛む、むかむか、吐き気、口の中や舌があれる)
腎障害(むくみ、尿量が減る、血圧が上がる)
過敏症(蕁麻疹、かゆみ、唇・瞼・顔がはれる)
異常を感じた場合には、すぐに服用をやめ、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

過去にアスピリンやその他の非ステロイド性消炎鎮痛薬で発疹などのアレルギーや、アスピリン喘息を起こしたことのある方は服用しないでください。

保管方法

お子様の手の届かないところで保管してください。

医薬品の口コミ

    まだレビューはありません。

この医薬品のレビュー(口コミ・評価)を投稿する

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。